News

紙媒体はもうダメ?効果を引き出す3つのポイント

近年全年齢層の新聞購読率が減少しており、2000年から2015年までで約15%以上も減少していることにともなって「チラシ」などの紙媒体から情報を得ることも少なくなりました。※新聞購読率=新聞行為者率は、該当日に15分以上新聞を読んだ人の割合を意味します。
特に若い世代の方は「チラシ」を見る機会が減りながら、スマホなどのWEBからの情報取得が主流になっていることから若年層へのアプローチ方法で紙媒体を選択しない企業も増えてきています。では、紙媒体はもう効果がないのか?…といわれれば答えはNO!です。チラシやDMなど紙媒体も最適な条件であれば、WEB媒体以上の効果を上げることも可能になります。

ターゲット年齢は高齢層を狙うべし!

portrait of senior man with newspaper

新聞購読率データでは年齢が上がるほど新聞購読率が高く、20代と70代では約62%もの開きがあります。若年層はスマホを中心にWEBから情報を、年齢が上がるほど紙媒体での情報を取得している傾向があるのでまだまだ高齢者ターゲットでのPRでは紙媒体は有効だといえます。

中心都市から離れた郊外エリアで活用せよ!

2014年から2015年の1年間で全国の新聞購読率は2.5%減少しているなかで、都市圏での下がり方は相変わらずで、都市居住者における新聞離れが懸念されています。特に東京都ではマイナス4.5%と、全都道府県中最大の下げ幅を示しています。そんな中郊外圏のエリアでは減少がみられるもののふり幅が少なく、また高齢者居住率が高いことも新聞購読率を維持している要因となっており、都市圏にくらべて紙媒体での効果が見られやすい傾向があります。

新聞折込ではなく、ポスティングで効果UP!

fotolia_75159874_subscription_monthly_m

新聞の折り込みでチラシを配布するとなると必ず問題になるのが、他社とのバッティング!そんな中、他社との広告にまぎれないようにお客様に情報を届ける方法として「ポスティング」がおススメです。弊社も折込・ポスティングを上記2ポイントを抑えた上で実施しましたが、明らかにポスティングの方が効果が高かったです。単純なポスティング業者への依頼もありますが、エリアによっては地方雑誌に差し込んで投函してくれるサービスを行っている業者もありますので、もしその業者がそのエリアで強い雑誌ならば使用する価値があります。デメリットとして折込よりも価格が高いといった点もありますのが、費用対効果を考えるならポスティングをお勧めします。
あくまで紙媒体を使用する際は上記ポイントが一致した時に効果を発揮しますのでケースによって媒体選定していくことが重要になります。是非参考にしてみてくださいね。

お問い合わせはこちらからお気軽に

御社名

氏名 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

※確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?

関連記事

  1. 損して得とれ!飲食店の売上を総体的に底上げする方法
  2. ネイルプリンター「Auto Nail」商品パンフレット制作
  3. 心斎橋の癒しBAR SIVAオープン!オープン一式広告物! 
  4. 手作りの味が生きるノベルティ「和ペストリー」
  5. 安価で質の高い“レスポンシブ対応”ホームページ制作なら『KoBu…
  6. 掴んだらもう離さない!! 飲食店の再来店率促進方法
  7. 差別化を図る!食べられるノベルティ「イケメンチップス」
  8. 【イラレ時短】国土地理院の地図をフライヤーデザインに使用する

おすすめ記事

紙媒体はもうダメ?効果を引き出す3つのポイント

近年全年齢層の新聞購読率が減少しており、2000年から2015年までで約15%以上も減少していること…

掴んだらもう離さない!! 飲食店の再来店率促進方法

再来店客を増やしたい!!!(涙)そんな飲食店オーナーにオススメです!本格的に気温も温かくなり連休前の…

2016梅雨到来!集客に役立つヘアサロン企画

梅雨時期だからこそ集客のチャンス。ストレートパーマ需要をがっちり囲い込むヘアサロン企画のご紹介です。…

Designer Room

  1. GW開催!カスタムバイク「ALIED」試乗会レポート
  2. 2016.8.11thu WOOF!!!×JUNIOR-TOKEI in KIITO ジュニア時計撮影会
  3. 雑誌リニューアルに伴うデザイン変更をフォントからひもとく

悩めるWEB担当者必見です!!

10倍の売上アップを可能にするFacebookアプリを活用した広告運用法

会社の商品やサービスに反響がなくても、 それ自体が悪いのではありません。広告運用方法に原因があるはず…

安価で質の高い“レスポンシブ対応”ホームページ制作なら『KoBuNet』

「KoBuNet(こぶねっと)」とはKoBuNetとは「ホームページを作りたいすべてのお客様」に…

事例集

PAGE TOP