News

記憶色ってなに?一眼で撮影した画像をドラマチックに編集してみる

写真撮影したあと、できあがった写真を見直したとき、思っていた色と違う色で撮影されていた。そんな経験ないですか?レタッチするから大丈夫と思いつつも、カメラはよくも悪くもそのままの姿を映し出しますよね。※レタッチに関しては、『RAW現像』できるように撮影すると画像の劣化なく色調補正がかけられますのでオススメです。
CanonとNikon各社の『RAW現像』ソフトはコチラ

Canon Digital Photo Professional
Nikon Capture NX-D

基本的に僕は『Photoshop』でレタッチを行っておりますが、現像に関しては『Photoshop Lightroom』に勝るものはないということで、先日撮影した写真のレタッチを行っていきます。

Photoshop Lightroomってなに?

写真の加工・編集に特化したソフト、と言えばわかりやすいでしょうか?特筆すべきは『非破壊編集機能』元画像に一切手を加える事無く画像編集ができる、別途コピーをとる必要もないので自由に画像編集ができます。
仮に、一度保存してしまったレタッチ済みの画像を再度編集したい。となったときにも元画像からレタッチし直す事も可能。非破壊編集機能について、詳しくはコチラ
なぜ今まで使っていなかったのか。…嘆いていても仕方がないのでレタッチを始めていこう。

全体の色味調整

人間には記憶色というものが存在します。記憶色によって、目で見た景色や風景の色を、人間の脳がよりよい色に変換するという性質を持っています。よく例に出されるのが桜の花びら。そのまま撮影すると白の桜が撮影されてしまう。桜と言えば薄ピンク。いくら現実に忠実な色味を出した所でこれを桜だとは認識してもらえない。そこでこの写真のレタッチを行い、この記憶色に近づける。文字で説明するよりも、下記画像を見比べてみるとわかりやすいと思います。

fotolia_102713922_subscription_monthly_xxl3-01
※わかりやすくするため、コントラストを強めにしております。他にもまとめがありましたので、気になる方はコチラ桜の花びらを少し加工してあげるだけでも、人の目に映る印象はガラッと変わります。この一手間をかけてあげるだけで、一気に季節感を演出することができますね。風景写真をよりドラマチックに。今回は旧校舎の画像を編集していきます。

ページ:

1

2

関連記事

  1. スパワールド世界の大温泉 ナイトプールイベントTVCMを制作
  2. Instagram「Shop Now(ショッピング機能)」を使っ…
  3. ALIEDオリジナルジップアップパーカを制作
  4. 心斎橋の癒しBAR SIVAオープン!オープン一式広告物! 
  5. 「かわいいフリー素材集のいらすとや」がイラストレーターの仕事を奪…
  6. インパクト大!有名メーカーの愛されお菓子でオリジナルノベルティを…
  7. 雑誌リニューアルに伴うデザイン変更をフォントからひもとく
  8. オリジナルピストバイクALIED(アリエイド)広告制作

おすすめ記事

インパクト大!有名メーカーの愛されお菓子でオリジナルノベルティを作れます!

BOATSで取り扱っているオリジナルノベルティでこれまでご好評いただいている「イケメンチップス」。そ…

心斎橋の癒しBAR SIVAオープン!オープン一式広告物! 

心斎橋「大阪屋アポロ会館」の一角で6月16日OPEN BAR SIVA私はクライアント様とお…

集客に役立つヘアサロン企画

梅雨時期だからこそ集客のチャンス。ストレートパーマ需要をがっちり囲い込むヘアサロン企画のご紹介です。…

Designer Room

  1. サロン専用ネイルプリンター「Auto Nail」フライヤー制作
  2. Instagram「Shop Now(ショッピング機能)」を使って自社ECサイトの売上をアップさせる方法。
  3. 日本人からハーフまで日本最大級のモデル数!ジュニア&キッズモデルのキャスティング

悩めるWEB担当者必見です!!

2020年 東京五輪、2025年 日本国際博覧会etc. 近年日本国内で需要が高まっている海外客に向けた インバウンドプロモーションのご提案。

国際的なイベントを控え、ますます日本に注目が集まる現在、それを商機ととらえている企業はたくさんあるこ…

LINE@はじめました!…その後なんとなく運用していませんか?はじめた後の効果的な広告運用ポイントをご紹介します。

「LINEはじめました!」のポスターやPOPってよく見かけますよね。でもユーザーの多くはこう思ってい…

【効果的なWEB広告】今どきの行動パターンを考えるとこれが正解!?スマホユーザーをターゲットにした「位置連動型広告」。

最近注目が集まっているWEB広告の手法として「位置連動型広告」があります。外出中にスマホで調べ物をし…

事例集

PAGE TOP